結婚相手を見つける方法|結婚するパートナーを見つける5つの手段と早道

 

突然ですが、あなたがまだ結婚できないのは次のどれに該当しますか?おそらくどちからには当てはまるでしょう。

 

1.20代の後半の頃は、お付き合いしている彼女や彼もいて充実して「まだ大丈夫なんて」思っていたのにいつのまにか30代後半になってしまった
2.同級生や会社の同期が続々結婚していってるのに相手がいない
3.今まで真剣に結婚を前提としたお付き合いをしたことがない

 

では、上記のタイプ別で結婚相手を見つかる方法をお話ししていきますね。

 

1、の場合、男性とのお付き合いの仕方はわかっていますよね。どちらかといえばモテるタイプではなかったのでしょうか?だから彼氏と別れても間をあまり開けないですぐに次の相手は見つかっていたでしょう。でもそんな付き合い方をしているうち・・・彼女がいなくなってから1年経っていたのに気がついてあれ?大丈夫?っていう状態だったって感じですかね?

 

20代までは選び放題だったのなら、女性の場合は30代になるとちょっと変わってきます。それは出産するタイムリミットがあるからです。極端な話、結婚しなくていいから子供が欲しい!って思う人もいるぐらい、女性の人生の中では最大のイベントですしね。

 

だから男女ともにお付き合いをするのが気軽にできなくなるので気持ちにブレーキがかかっちゃうんです。

 

2.の場合、みんな結婚していないしまだ遊んでてもいいかな?と思っていたら、回りの友達から急に結婚します!メールや結婚式の招待状が届いて絵結婚ラッシュ!入ってくるものは何にもなくて、ご祝儀が続々出ていくだけ。

 

結婚式の二次会に期待していたけど、まったく出会いなんてない状態だったのではないでしょうか?まぁ、二次会で出会って結婚するケースもありますが、実際にはあまりないんですよ。
なぜなら、本来の目的は新郎新婦を祝福するものであってお見合い会場じゃないですからね。それに会場では新郎、新婦の友達で固まって座っていますから、なかなかお互いの友達側に飛び込んでいくのには勇気がいりますよね。

 

3.の場合、異性と付き合うとっかかりさえもわからないならまずそこからですね。とりあえず女友達、男友達と気軽に話しができるようになれるようにしましょう。

 

さて、どうすれば結婚相手を見つけられるかをお話ししましょう。

 

異性と出会う方法としては次のようなものがあります。

 

1.合コン、街コン
2.友達、知り合いからの紹介
3.出会い系サイト
4.婚活パーティー
5.結婚相談所

 

 

まず、職場と家の行き来を漫然と続けているだけじゃ、真剣な出会いはありません。行動力をつけましょう。

 

合コンや街コンはあくまでも異性との出会いが目的で、そこからお付き合いが始まるかもしれませんがすぐに結婚に結びつくものではありません。また、真剣な出会いがあるわけではなく、人数をそろえるために来た人やその場限りの出会いを期待して集まってきた人など違う目的の人も少なからずいます。

 

友達や知り合いからの紹介は、その相手は信頼できるでしょうが、まずいい出会いがないように思います。なぜならあなたにぴったりの人を吟味したうえで紹介してくれているわけではないからです。おそらくその相手に誰かいい人がいないか頼まれたり、もしくはあなたが紹介してと頼んだのでとりあえず身近にいた異性を紹介することが多いです。

 

出会い系アプリは中にはちゃんとしたものもありますが、本人確認をしていなかったり偽名で登録できるものも少なくありませんので注意が必要です。少なくとも結婚相手を探せる場所ではありません。

 

そこでおすすめなのが結婚相談所です。相談所と言っても大手運営でセキュリティが強固な所にしてください。本人確認はもちろんのこと、結婚のプロがあなたにぴったりな人を紹介してくれます。今は資料を無料で取り寄せることができるし無料体験もできるようになっていますよ。