いい男いない病にかかってしまった時の つの対処方法

 

「いい男いない病」ってご存知ですか?

 

文字通りなんですが、出会いの場や婚活パーティーをたくさん参加しているのに毎回がっかりして帰ってくる・・・
なぜならいい男性がまったくいないから。いたら、すぐにお付き合いを始めて結婚したいのに・・・なんでいい男がいないんだろう?って思ってしまう女性の心理をいいます。もしかして思い当たったり自分はそうだ!と感じた人は危険ですよ。なぜなら、結婚がいばらの道になるからです。

 

では。そう思ってしまう場合の対処法についてお話ししていきましょう。

 

めげずに婚活を行う

 

もしかして、パーティー参加はまだ4,5回でそんなこと言ってますか?であればまだまだですよ。「数うちゃ当たる」って根性でがんがん出席してください。いつも代わり映えしないメンバーでも、10回以上参加をすると、初参加の人が必ず出てきます。これがねらい目ですよ。素敵な人見つけたら、積極的に押していきましょう。挫けず回数こなすことが大事です。

 

また、一生懸命参加しているのに男性から全然話し掛けてこないとか、女の方が気を遣って話振らないとダメだとか、男のくせに女にリードさせるなどの不満をもっていませんか? これはちょっと勘違いしてますよね。「自分は選ぶ立場」だと。男性だって自分好みの女性と話したいし、魅力を感じなければ積極的に話しかけることはないでしょう。

 

そして、プライド高いのも困りものです。男性はそんなところは見抜いてますよ。自分でここを気がつかない限り「いい男いない病」症候群からの脱却は厳しいでしょう。

 

婚活を数多く行うことで、同じように婚活している同性の人からアドバイスを聞いたりすることもできますよ。

 

自分のレベルを認識する

 

これは外見のことを指します。ちょっときついことをいいますが、相手は自分の鏡です。だからまず自分のレベルを認識しないと結婚は出来ません。

 

男性は見た目じゃないんですよ。今のあなたに行ってもわかってもらえないかもしれませんね。生理的に無理!っていうのは仕方ないですが、私の印象では見た目ばかり重視の友達は未だに結婚していません。
まさかテレビの俳優みたいな人探していませんよね?そんなことを望んでいたら結婚はまずます遠ざかります。

 

一緒にいて楽しもうとあなたがまず努力することが必要です。男性と過ごして、逆説的だけど努力なし「でこの人といて楽しいな、居心地良いな」とて思えることが最も重要です。だって結婚生活はあなたのこれからの人生を共にする人なのですから。そこに容姿がいいことが必要にはなりません。もっと現実的になって顔ではなくて、自分の心の声を重視しましょう。

 

自分にとっての理想の人を究極にしてみる

 

あなたの理想はそんな男性ですか?

 

・見た目がかっこいい
・金持ち
・高学歴
・性格良い
・浮気しない
・スポーツマン

 

こんな風に思っていたら危険すぎます。だって、そういう男性周りにいる女性は 「美人でスタイルが良く、頭もいい、若くて料理もうまい女性」がいっぱいだからです。つまり、そんな女性たちに勝たなければいけないわけです。勝てそうですか?そう思えるならその根拠はなんでしょうか?もし、ただ自分で自分に自信持ってるだけではトーナメント勝ち抜くことはできません。

 

見た目は先ほど説明したとおりですが、「金持ち」だってこの先どうなるかわかりません。大手メーカーでもリストラはあるし、大手メガバンクもAIリストラが現実的に起きています。(公務員は別かもしれませんが)今すごい人でもこの先どうなるかがわからん時代ですからね。

 

むしろ、重要なのは人生行き詰った時に落ち込まず立て直すことのできる男性なのではないでしょうか?究極かもしれませんか「働いてること」くらいまでに最低限落としてあとは本能にまかせてもいいと思います。

 

また男性の立場から言えば、男性に年収求めるんだったら男の人が女性にが若さを求めてもいいですよね?だから男が若さを求めることを非難するんだったら、あなたも相手に年収を求めてダメでしょう。

 

ここでいい方法を提案しますね。

 

まず、紙に結婚したい人の条件を25書き出すしてみましょう。ここから一対にしてどちらがより大事な条件かを選んでいきます。これを繰り返してどんどん最後の1つにします。これがあなたが何が何でも譲れない結婚の条件ってことになります。これだけを目標にして婚活を行うんです。

 

現代は女性慣れしていない男性が多いよう思います。だったら女性が教育していけばいいんですよ。例えば服装た髪型がダサいならあなたが提案して変えていくことができるし、会話だって徐々にうまくなっていくでしょう。つまり「一緒に成長できる人」を選ぶのならそんな人は見過ごしているだけでたくさんいます。